BSを見るには?アパート・マンション・一軒家でBSを見る方法

「BSを見るには、どうしたら良いの?」「何が必要?」とBSの視聴を考えている方のために、この記事では、

  • 家でBSが見れるかを確認する方法
  • BSを見るために必要なもの

をわかりやすくまとめました。

アパート・マンション・一軒家、どの環境にお住まいの方も、この記事を読めば、簡単にBSを見る方法がわかります。

記事にはプロモーションを含む場合があります。
記事にはプロモーションを含む場合があります。

今の環境でBSが見れるかの確認方法

WOWOWなど、BSを放送を見たい場合には、まずBS環境を整えなければなりません。

詳しくは後半に説明しますが、BSが見れるかの確認前に、必要になるものをざっとご紹介します。

BS受信に必要な設備

BSを見るには、下記の3つの設備が揃っている必要があります。

BSを見るために必要な設備

  • BSチューナー
  • BS受信装置
  • BSの配線

BSチューナー

最近のテレビは、BSチューナーが内蔵されていることがほとんどです。

不足している場合に用意するもの

  • BSチューナー or BSチューナー内蔵テレビ

BS受信装置

家にBSを受信する受信装置がなければ、BSは視聴できません。

不足している場合に用意するもの

  • パラボラアンテナ or ケーブルテレビ/光テレビ

BSの配線

テレビと壁のテレビ端子を繋ぐアンテナケーブルが、BSを映し出せるように設定されている必要があります。

不足している場合に用意するもの

  • 分波器
  • アンテナケーブル

BSを見るためには、まずこの3つが揃っているかを確認する必要があります。

ではここから、現在の環境でBSが見れるかと、今の環境でBS受信に足りない設備は何かを、確認していきましょう。

まずはBSが見れるか確認

BSが見れるか確認する方法

  1. リモコンでBSを選択
  2. BS日テレなど無料放送のBSチャンネルが見れればOK

この方法でBSが映った場合は、既にBSは見れる状態です。

BSが見れた場合には、WOWOWなどの有料放送も視聴できます。WOWOWならインターネット環境が無くても、テレビで新作映画や音楽のライブが見放題。

申し込みが済めば、初月無料ですぐに視聴できるので、この機会にぜひWOWOWを利用してみてください。

初月無料でWOWOWを試す
内容確認・申し込みはこちら

1. BSチューナーの確認

BSチューナーの確認方法

  1. B-CASカードの色を確認

B-CASカードの色が『赤色』なら、BSチューナー内蔵テレビです。

青色の場合は、地デジしか受信できないため、別途BS専用チューナーが必要となります。

Q. B-CASカードはどこにある?

テレビの裏側、または横に差し込み口があるので、そちらに差し込まれているポイントカードサイズのカードを確認してください。

こちらに問題が無い場合、BSチューナーは問題ありません。

次の、受信装置の確認を行いましょう。

BSチューナーが内蔵されていないテレビの場合は、まずBSチューナーの用意が必要です。詳しくは『BSチューナーを用意する』の項で説明します。

2. BS受信装置の確認

BS受信装置の確認

  1. テレビ側のアンテナケーブルの端子を、一時的に『地上デジタル入力』から『BS/110度CS IF入力』と記載されている端子に差し替える
  2. リモコンでBSを選択
  3. BS日テレなど無料放送のBSチャンネルが見れればOK

この方法でBSが見れた場合、

  • BSチューナー
  • BS受信装置

この2つには問題がないため、このまま読み進めてBS配線を整えてください。

Q. 壁側の端子が2つある場合は?

ほとんどの場合、端子が2つある場合はBSが受信できます。テレビの端子と併せて、壁側の端子も差し替えてみてください。

※新しいマンションでは、壁側の端子を引っ張りながら回さないと抜けない場合があります。差し込むときは、反対に回しながら入れ込んでください。

この方法でBSが見れなかった場合は、BS受信装置を用意する必要があります。

詳しくは後述している『BS受信装置を用意する』の項を確認してください。

3. BS配線の確認

ここまででBSチューナー、受信装置に問題が無い場合、適切な配線にするだけでBSを視聴できます。

BSを視聴するための配線を用意する前に、まずはアンテナケーブルが接続されている、壁側のテレビ端子の数を確認してください。

壁側のテレビ端子の数は、下記のいずれかに分かれるはずです。

壁側のテレビ端子の数

  • テレビ端子が1つ
  • テレビ端子が2つ

家のテレビ端子がどちらかによって、用意するものが異なります。

受信設備の用意

今の家の環境を踏まえて、あとはBSを見るために足りないものを用意していきましょう。

ここからは、わかりやすく下記の順番で説明していきます。

この項の説明順

  • BS配線を用意する
  • BSチューナーを用意する
  • BS受信装置を用意する

ここまでの確認項目をもとに、自分に必要な箇所だけを読み進めてください。

BS配線を用意する

BS配線で必要なものは『分波器』『アンテナケーブル』のいずれかになります。

BS配線で用意するもの

  • 端子が1つの場合:分波器を用意する
  • 端子が2つの場合:アンテナケーブルを2本用意する

BS配線だけが問題だった方は、これらを用意した後に、テレビ側の地上波&BS端子・壁側のテレビ端子をそれぞれ繋ぎ合わせるだけで、BSを視聴できます。

分波器

選び方

  • 分波器単体 or アンテナケーブルとセットになっているもの

分波器は現在使っているアンテナケーブルに接続するものと、ケーブルに取り付けられてセットになっているものの2種類があります。

created by Rinker
¥2,431 (2024/06/20 08:20:02時点 楽天市場調べ-詳細)

どちらのタイプも変わりなく視聴できますが、接触などの問題に不安がある方は、上の商品と同じケーブル付きの分波器を使用しましょう。

分波器と「分配器」は違うので注意!

似た言葉に「分配器」がありますが、分配器はテレビを2台接続したいときなどに使用するもので、別物です。

アンテナケーブル

選び方

  • 放送対応
  • プラグの種類
  • 長さ
放送対応

アンテナケーブルは、目的に沿ったBS放送対応のものを用意してください。

BSの4K放送やWOWOW4Kを見るためには、4K対応のケーブルが必要なので、テレビが4Kに対応している場合は4K対応ケーブルを用意しましょう。

アンテナケーブル 2m 4K/8K/地デジ/BS/CS 両端ストレート型プラグ
プラグの種類

アンテナケーブルの先端であるプラグには、下記の3種類の形があります。

アンテナケーブルのプラグの種類

  • F型プラグ
  • L型プラグ
  • ストレートプラグ

端子の差込口はネジ込式と、プラグ式があり、それぞれ以下のように対応しています。

ネジ込式(ネジ上に螺旋で切ってある場合)

  • この場合は、上のどのプラグでも利用可能です。

プラグ式(ネジ上に切られていない場合)

  • F型プラグは利用できません。それ以外の『L型プラグ』『ストレートプラグ』を用意してください。

アンテナケーブル購入前に、まずは壁側の端子、差込口部分の形状を確認しておきましょう。

不安がある方は、F型プラグ以外のケーブルを購入すれば問題ありません。

DXアンテナ 2K4K8K対応 2Cアンテナケーブル S形プラグ-S形プラグ 2m|2JW2SSSB(B)
長さ

アンテナケーブルは1~5mと様々な長さがあるため、テレビ端子とテレビまでの距離を踏まえて選びましょう。

あまりにも長いと余ったコードが邪魔になりますが、模様替えなども考えると2-3mほどあると安心です。

接続方法は簡単ですが、わかならい場合は、下記の記事がわかりやすいので参考にしてください。

BSチューナーを用意する

BSチューナーは、単体の場合、5,000円~1万円ほどで購入できます。

I/Oデータ BS/CS 4K録画対応チューナー HVT-4KBC

BSチューナーは単体以外に

  • テレビ
  • Blu-rayレコーダー

に内蔵されているものもあります。

そもそもテレビでBS受信ができない場合は、かなり古いか性能が低いかのどちらかであるため、この機会にテレビの買い替えを検討することをおすすめします。

現在はBS&4K対応50インチのテレビでも、6万円代で購入可能です。

スマートテレビであれば、別途メディアストリーミングデバイスが無くても、U-NEXTなどのVOD(動画配信サービス)をテレビから視聴できます。

BS受信装置を用意する

BSを受信するためには、BS受信装置が必要です。

BS受信装置を用意する方法には、下記の2つがあります。

BS受信装置

  • パラボラアンテナを用意する or ケーブルテレビ/光テレビへ加入する

パラボラアンテナを用意する

パラボラアンテナを設置する場合は、本体の用意と取付工事を行う必要があります。

内訳 費用
パラボラアンテナ 6,000円~
取り付け費用 11,000円~

パラボラアンテナの取り付けは、家電量販店やホームセンターで対応しています。

一軒家の場合は自身の判断で取付可能ですが、アパート・マンションの場合は設置が難しい場合もあるので、次に紹介するケーブルテレビを利用してみてください。

ケーブルテレビ・光テレビへ加入する

パラボラアンテナの設置が難しい場合には、ケーブルテレビ・光テレビへ加入して、BS受信装置を用意しましょう。

パラボラアンテナの代わりに、“STB (セットトップボックス)” という専用チューナーを利用することで、BSを受信できます。

ケーブルテレビ・光テレビの代表例には、下記のサービスがあります。

ケーブルテレビ・光テレビの代表例

  • ケーブルテレビ:J:COMなど
  • 光テレビ:フレッツテレビ/ひかりテレビ/auひかりテレビサービスなど

4K放送を見るには、対応している “STB (セットトップボックス)” が必要なため、こちらはサービス利用の際に確認しましょう。

ケーブルテレビ・光テレビは定額料金がかかるため、BSの番組に特にこだわりがなければ、インターネット環境があれば視聴できるVOD(動画配信サービス)も検討してみてください。

BSを見るには3つの受信設備を揃える必要がある

ここまで紹介してきたように、BSを見るには、

  • BSチューナー
  • BS受信装置
  • BSの配線

この3つを揃える必要があります。

BSを見る目的がWOWOWやスカパーなど、有料放送を楽しむためならば、VOD(動画配信サービス)も検討してみましょう。

VODはBSと異なり、インターネット回線さえあればすぐに視聴できます。

新作映画やドラマ、音楽ライブをお得に楽しみたい方には『U-NEXT(ユーネクスト)』、スポーツの配信を楽しみたい方には『DAZN』が向いています。

地上波以外の番組を楽しみたい方は、自分の環境にあったサービスを選んで、お得に動画コンテンツを楽しんでください。